fc2ブログ
〜 無表情で、ひとり旅 (=゚ω゚)ノ 〜
いつかまたお会いしましょう。
2014年11月14日 (金) | 編集 |
鐘撞きが終わり普信閣を出た時に、
おば様からランチのお誘いが

「ハングリー?」
「ハングリー!」
「ランチ トゥギャザー?」
「イエス!」って感じで。

おば様からガッツリ腕を組まれ、
新郎新婦のように並んで歩き出します

ここで重大なミス発覚

韓国へ来たら常に持ち歩いている
「旅の指さし会話帳 韓国」を
この日に限ってホテルへ置いて来てしまいました…



持ち歩いていても使う機会が全くなかったので、つい…

辛うじてわかる英語と韓国語の単語でなんとかお話しながら、
ランチのお店を探し回りました。

そして辿り着いたのが、ソルロンタンのお店。
お昼時だったので、サラリーマンの方々が沢山出入りされていました。

注文して待っている間にも色々お話をしました
名前を聞かれたり、美空ひばりはグレートだとか、
夫はいるのかとか

私が辛い物が苦手だからと
お店の方に水が入った容器を頼んで下さり、
キムチを洗って赤いのを落として下さいました
そこまでしなくてもいいのですが…優しいな〜

そしてソルロンタン登場!

2014_556.jpg

実は微妙な味でした…
食べなれていない私の味覚のせい??

スープがちょっと生臭い感じだったし、
お肉はどこの部位かわからない妙な食感…
あんなにサラリーマンが出入りしていたのに…

でも楽しくお食事をしたいので
「マシッソヨ〜」と言いながら全部いただきました

食後にも色々まったりお話をし、
おば様がお名前・電話番号を書いたメモを下さいました。
アメリカの番号なのか、韓国滞在中の江南の息子さん宅なのか不明

私も電話番号をお教えしても会話が難しいので、
「手紙を書くのでオフィスの住所を教えて下さい」的な事を言ったのですが、
通じなかったのか教えたくなかったのか住所ゲットならず…

メアドを持っているか聞いてみたら持っていないそうで困った
とりあえず、私からはメアドをお教えいたしました。

そして別れの時

なんとお食事をごちそうして下さいました。
恐縮ですッ…もっと美味しい顔で食べたかった…

おば様はお仕事があるそうで、
お店を出て鐘閣の交差点でお別れをしました

因にメールですが、
「息子から送らせてもいいか?」とおっしゃたので
「オッケー」と言いましたが、
未だに来ておりません

早く韓国語をマスターしてお電話しなければッ


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



スポンサー リンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック